処方箋はいる?いらない?

コンタクト通販が便利でお得なのは分かったけれど、コンタクトを買う時には眼科の処方箋が必要なんじゃないの?と考える方もいるかもしれません。



確かにコンタクトレンズを選ぶ時には視力だけではなく、BC(ベースカーブ)といった個々の眼球のカーブの具合を表した数値や眼圧などのデータが必要になります。

コンタクトレンズは人工呼吸器や心臓のペースメーカーと同じ、高度管理医療機器に当たるため販売するにあたっては許可が必要ですが、購入する際には必ずしも処方箋を提示しなくてもいいという決まりになっています。

したがってコンタクト通販で「処方箋なしで購入できる」と宣伝しているのは、違法な行為ではないのです。



定期的な検診を受けていればOK

店頭販売している販売店のなかには処方箋がないと購入できないところもあります。また処方箋があっても使い捨てレンズに関しては2週間分しか一度に購入できず、都度、処方箋を提出するように求めてくる場合もあります。

こうした販売店の中には眼科と提携していて、必要のない検査まで実施して、医療保険費をムダ遣いしているところもあるのではないかという指摘もあります。

コンタクト利用者は目の健康を考えて数カ月に一度、異常がない場合でも眼科の診断を受ける必要があることは言うまでもありません。しかし、同じコンタクトを購入するために、数週間ごとに処方箋を出してもらう必要はないでしょう。

コンタクト通販によってはメーカーからの通達によって処方箋の提示を求めているところもあるようです。

また、初めてコンタクトを使用するという方も処方箋を出してもらって自分の目にあったコンタクトレンズを選ぶ必要があります。

 

Categories