コンタクトのメーカーは海外メーカーがほとんど

コンタクト通販を利用してコンタクトを購入するときに気になることのひとつのが製造国です。コンタクトレンズの製造国はアイルランドやアメリカであることが多くなっています。

海外製だけど、大丈夫?と心配する方もいるかもしれませんが、実はコンタクトレンズのメーカーはほとんどが欧米の企業で日本に工場を持っていません。

そのため、コンタクト通販が一般化するようになる前から、ほとんどのコンタクトレンズはアメリカやアイルランド製造のものばかりだったのです。 確かにコンタクトのメーカーといえば、ボシュロムやメニコンといった欧米のメーカーが主流ですよね。

したがって、海外で生産した製品を日本語のパッケージに詰めていることがほとんどなのです。



信頼できるショップで購入しよう

コンタクト通販を利用するときにもう一つ注意したいのが、並行輸入したタイプの海外製品です。コンタクト通販のショップの中には日本語で作られているサイトであっても会社は海外にあって、購入は個人輸入になるというところが少なくありません。

こうした場合、トラブルにあった時の責任の所在が不明確ですし、問い合わせをするときにも日本語でできないというデメリットがあります。

また日本国内で高度管理医療機器であるコンタクトレンズを販売するには許可が必要ですが、安価なカラコンなどを扱う業者の中にはこの許可を取っていないところもあるようです。

コンタクト通販でも国内正規品を扱っているところもたくさんあります。トラブルがあった時のことを考えてコンタクトを購入するときには信頼のできるショップから購入するようにしましょう。

 

Categories